【大人の青汁シトルリン桑抹茶】の
知られざるパワー

 

青汁をおいしく手軽に飲みたい
体重計に乗るのが楽しみになった
体の内側からきれいになりたい
野菜不足を解消したい
お通じを快調にしたい

 
これらを実現したければ【大人の青汁シトルリン桑抹茶】を試してみましょう。ダイエット効果やメタボ防止には食事やスウィーツを食べる前に!
 
【大人の青汁シトルリン桑抹茶】は飲みやすい粉末状のスティックです。
 
これまでの青汁はおいしいと言っても他の味を加えることで青汁臭を消していましたが、【大人の青汁シトルリン桑抹茶】は宇治の抹茶味なので無理なく飲めます。
「機能性食品における共同研究事業報告データ」では桑を食べると太らないとの報告がありメタボ、肥満対策で悩んでいるあなたにおすすめです。

【大人の青汁シトルリン桑抹茶】の特徴 

原材料が桑の葉
九州産の有機農産物の桑の葉をふんだんに使っています
今人気のL-シトルリン配合
青汁業界トップクラスのアルギニンを変換するシトルリンを配合
10種類のビタミン群、ミネラル、アミノ酸
日頃から不足がちのビタミン群を簡単に摂取できます
宇治抹茶の味覚で飲みやすい
爽やかな甘みの桑の葉でホットでもアイスでもすっきり
 
「上品な宇治抹茶でおいしい」「青汁特有の青臭さが全くなくビックリ」と大評判
 
栄養たっぷりの有機農産物桑の葉
びっくりするほどおいしい【大人の青汁シトルリン桑抹茶】で毎日の元気印を実感してみる?

詳細はこちら
 
続けることが明日への活力の源

今までの青汁が口に合わなく、続かなかったならこの飲みやすく有効成分たっぷりの【大人の青汁シトルリン桑抹茶】を試す価値は充分。

【大人の青汁シトルリン桑抹茶】の桑の葉パワーを検証してみました。

 誰でも一度は口にしたことがある童謡「赤とんぼ」
 
そうあの夕焼け小焼けの赤とんぼです。その一節に♪山の畑の桑の実を小籠に摘んだは、まぼろし~か♪

昔々、日本の山野に桑の畑が身近にありました。そしてこの童謡に唄われていたようなノスタルジックな光景もいたるところに。
 
子供の頃、桑の木に登って桑の実をとって食べた経験があります。あの甘酸っぱい味は忘れられないものでした。
しかし桑の畑ははやがて少なくなり今ではほとんど見られなくなりました。

 おかいこさんが食べていた桑の葉こそ
エネルギーの源だった! 

そのわけは養蚕業が盛んだったその昔、桑の葉は蚕のエサとして栽培され蚕は「おかいこさん」として大切に育てられていたのです。
 
このおかいこさんは生糸の原料、つまり絹を作るための大切な生き物なんです。
 
桑畑が無くなり、残っている桑畑は放置状態でしたがそれが今となっては大きなメリットになりました。
つまり桑の木と桑の葉は無農薬つまり有機農産物になり今や注目の的。 

桑のメリット4つ

1 すぐれた成分
2 抜群の効能
3 有機農産物
そして4つ目が地球環境に貢献
 
東京ドームの広さの桑の木からなんと年間15トンもの酸素を放出するのです。
 
現在、桑の葉をさまざまな研究機関が検証を進めて行くと桑の葉に含まれている成分がずば抜けていることが分かり始めたのです。
 
乾燥した桑葉100gには
カルシウム2699mg、鉄44mg、ナトリウム40mg、カリウム3101mg、カロテン7.4mg、ビタミンA効力4230IU、ビタミンB10.6mg、ビタミンB21.1mg、ビタミンC32mg、ニコチン酸4.0mg、食物繊維52gが含まれています。

  ※ 神奈川県科学技術政策推進委員会発表の「機能性食品における共同研究事業報告」データ 

桑の果実マルベリーにも注目 

マルベリーにはわたしたちの健康に役立つミネラルが多いんです。
最近注目のブルーベリーは目に良いとされていますがその有効成分アントシアニンもマルベリーには豊富に含まれてます。
亜鉛に関しては桑の葉よりもマルベリーに多く含まれています。 
 
亜鉛が不足すると 
その亜鉛が足りないという状態になると種の保存に大切な男性の精子が減ったり、発育の遅れや味覚にも障害がおきてしまうのです。
 
そしてなんといってもダイエット効果
 
スウィーツを食べる時に桑の葉を一緒に食べると太らないというのはラットを使った実証実験で証明されています。
桑のなかには糖分を摂っても体に吸収されない働きをするデオキシノジリマイシンが含まれているのです。 

  出典「ふくしま•ふるさと•もの•語りの会 桑の百科事典」

 
 肥満対策に有効な桑の葉 
 
桑葉に特有な成分のDNJ(1-デオキシノジリマイシン)は糖分の摂取を気にしている男性や女性にとって強い味方。
 
このDNJは摂取した糖質を体の外に出すのでダイエット中の方やスウィーツが大好きなあなた、そして糖尿病治療をしている方にためしてほしいもの。
体の中に入ってしまった糖分をDNJが絡めとって体外に排出します。
 
ダイエットやメタボを気にする方にとっての難問はご飯やパンで、意外にも糖分が多く含まれているからです。
一度、体内に入ってしまった糖分は吸収されてからではむずかしいので、食前に桑の葉の有効成分を摂取するのがベストです。
 
桑葉のお茶なら食前に飲み、食事などの最中に少しづつでも飲めます。
青汁も同じですが食事の最中に青汁を飲むのなあ、、というなら粉末状になっている青汁ならなんとかなりそうですね。大人の青汁シトルリン桑抹茶はスティック状なので飲みやすいのでは。
 
桑葉は本来なら天ぷらなどにしてそのまま食べた方が良いのですが、桑葉を毎日料理するのは現実的ではないので水やお湯に溶かして飲みましょう。
桑の葉に含まれるDNJ(1-デオキシノジリマイシン)は熱に強いのお湯でもOK。
 

大人の青汁シトルリン桑抹茶について
もっと詳しくは公式ページで