大人の青汁のアミノ酸

【大人の青汁シトルリン桑抹茶】の
アミノ酸を検証してみると

 
【大人の青汁シトルリン桑抹茶】はオールインワンの青汁です。
その成分はミネラル、亜鉛、L-シトルリン、ビタミン群、食物繊維そして命のもとと言われているアミノ酸。
 
 
テレビコマーシャルでおなじみのアミノ酸ですがいざ「アミノ酸」ってナニ。と聞かれると??ですね。
「体にいいんでしょ。」くらいの認識で「オルニチンがしじみ何百個分、、」なんて言われるとなんとなく納得してしまいますね。
 
そのアミノ酸について調べてみました。

 わたしたちの体は5%の糖質、15%の脂肪、水分60%、そしてタンパク質が20%と体全体の五分の一をしめています。つまり体重50キロの人は10キロものタンパク質があるという訳ですね。
 
アミノ酸はその20%のタンパク質をつくります。
 
タンパク質が無いとお肌や髪の毛、筋肉、骨、内臓、血液が出来ないというくらい大切なもの。タンパク質は体を作り、栄養分や血液になり、ホルモンや抗体になってわたしたちの体を守るんです。
 
タンパク質は10万種類もあるのですがタンパク質はアミノ酸がつながって出来ています。たった20種類のアミノ酸が10万種類のタンパク質の素になるのです。
 
アミノ酸は20種類ですが、体でつくれるアミノ酸とそうでないアミノ酸があります。

  体で作れなく、しかも欠かすことができないアミノ酸は「必須アミノ酸」といいます。体で作れないとなれば、アミノ酸が豊富なものを食べて体内に入れなければなりません。  
 

分かりやすい例で言えばトンカツやすき焼きなどタンパク質が豊富なお肉を食べると、胃や腸でまずはタンパク質がアミノ酸に分解されてお腹の中に。
そして血液で全身の細胞に運ばれ、再度人間に必要なアミノ酸がつながって合成されます。
 
アミノ酸が上手くつながるためには、わたしたち人間が持っているDNAが順序よく必要なタンパク質を再構成してくれるのです。
 
つまり20種類のアミノ酸はわたしたちの体づくりのためにがんばってくれるんです。
 
健康でいられるのはまさにアミノ酸のおかげで、筋肉を維持し、アルコールを代謝し、お肌に良い化粧品になったり、髪の毛をすこやかにしたり睡眠や免疫力のアップにも関わります。
 
この体に大切なアミノ酸を挙げてみると、普段おなじみであったりするものもあるかもしれません。
 
まずは自前でつくれないアミノ酸で必須アミノ酸で食事で摂るもの。
イソロイシン・ロイシン・バリン・ヒスチジン・リシン・メチオニン・トリプトファン・フェニルアラニン・スレオニン
 
体内で作れるアミノ酸は
アスパラギン・アスパラギン酸・アラニン・アルギニン・システイン,シスチン・グルタミン・グルタミン酸・グリシン・プロリン・セリン・チロシン
さらにタンパク質を形成しないアミノ酸もあり、遊離アミノ酸という一族でテアニン・オルニチン・シトルリン・タウリンなどがあります。
 
 普段の生活で使う筋肉や特に筋肉系を使うアスリートに必要なものは分岐鎖アミノ酸(BCAA)のパリン、ロイシン、イソロイシンです。
 
分岐鎖アミノ酸は筋肉のエネルギ-代謝に関わります。
 
 分岐鎖アミノ酸(BCAA)とはBranched Chain Amino Acidの頭文字で、単に分子構造が違うといったところ。
 
わたしたちが食べている食事のタンパク質の50%は分岐鎖アミノ酸(BCAA)です。

  アスリートにはこちらの食品 

分岐鎖アミノ酸(BCAA)が多くオススメの食べ物は
まぐろの赤身、かつお、鶏のむね肉、あじ、さんま、鶏のもも肉、卵。小量ですぐ摂れるのは納豆や木綿のお豆腐で小量でコスパがいいですね。
 
 分岐鎖アミノ酸(BCAA)は筋肉づくりに大きくかかわりますが、運動中に分解する量も多いのです。(要は消費する量が多い)
 
結論から言うとトレーニングを始めるときに分岐鎖アミノ酸(BCAA)を摂りいれるか、トレーニング中にも摂りいれるのが効果的ということになります。 

【大人の青汁シトルリン桑抹茶】には
 
ここまでのアミノ酸ミニ知識をまとめると、、

 1 必須アミノ酸(体でつくれない)
 2 非必須アミノ酸(自前でつくれる)

 
さらにややこしいことにタンパク質を構成しないという遊離アミノ酸もあり油断できません。遊離アミノ酸は独自に体内で活躍します。
 
アミノ酸は食事のおいしさにも大いに関係しているんです。
 
アミノ酸には味もあった!
 
アミノ酸は甘みや苦み、酸味やうま味があり、その微妙な味の違いはアミノ酸の種類によっていろいろ。
 
甘み担当のアミノ酸は
グリシン、アラニン、スレオニン、セリン、グルタミン
 
苦みは
ブロリン、フェニルアラミン、トリプトファン、アルギニン、イソロイシン、バリン、ロイシン、メチオニン、システイン、ヒスチジン、リジン
 
うま味や酸味は
グルタミン酸、アスパラギン酸、アスパラギン
 
と、アミノ酸は味覚におおいにかかわっていますが、それだけではなく【大人の青汁シトルリン桑抹茶】のような青汁や「シジミ生活」「アミノバイタル」などスポーツ系のサプリメントにもアミノ酸が配合されています。
 
日々の健康と活力には毎日たくさんのアミノ酸が必要なんですね。

 

 
【大人の青汁シトルリン桑抹茶】には18種類のアミノ酸が配合されています。
 
アルギニン、リジン、ヒスチジン、フェニルアラニン、チロシン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、バリン、アラニン、グリシン、ブロリン、グルタミン酸、セリン、スレオニン、アスパラギン酸、シスチン、トリプトファンが配合されています。

 

さらに活力アップのためのL-シトルリン、亜鉛そして話題のパワーフードの桑の葉があなたの健康と活力を支えます。
 
【大人の青汁シトルリン桑抹茶】のシトルリンはスイカから発見され、血流関係で活躍します。タウリンはコマーシャルでもおなじみでオルニチンと同じ。いずれもエクササイズ後のの筋損傷リカバリーや元気はつらつ系。
 
ということで、じゃあ必須アミノ酸系のものさえ食べていればいいという訳ではなく、忘れずに非必須アミノ酸や遊離アミノ酸も忘れてはいけません。
 
最後まで読んでいただき感謝ではありますが、アミノ酸についてこのようにまとめていても頭の中が混乱状態。読んでくださっているあなたはもっと混乱しているのはないでしょうか。
 
以上述べてきたアミノ酸ですが、これだけ食べていればOKではなく、好き嫌い無くいろいろな食材からアミノ酸を摂ることが大切なんですね。
 
ではありますがスイカや牡蛎、たこやイカなどを食べるヒマなんか、、というあなたにはお手軽に、しかもまずくないオールインワンの青汁【大人の青汁シトルリン桑抹茶】で補うという手もあるので要チェックです。
 
今、人気のアミノバイタルとの比較でも一袋3.0gあたりアミノ酸2.2g
ロイシン46mg,イソロイシン37mg,バリン31mg,グルタミン54g,アルギニン52g
 
 
【大人の青汁シトルリン桑抹茶】は2袋4.2gあたり
ロイシン45mg,イソロイシン24mg,バリン31mg,グルタミン64mg,アルギニン30mgとさらにシトルリン1,200mgと食物繊維がたっぷり。
 

もっと詳しくは公式ページで